メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

海越え続く環境の道

グラウンドワーク三島の挑戦/上 バイカモでつながる14年の交流 日韓国際環境賞そろって受賞 /静岡

バイカモが育つ水田の草刈りをする日韓の学生=韓国・江華島で

本音で語り、向上図る 「日韓国際環境賞」そろって受賞

 三島市のNPO法人「グラウンドワーク三島(GW三島)」が9月18~23の6日間、公募に応じた大学生と高校生計15人を率いて韓国を訪問した。バイカモ保全を通じて14年交流を続ける「韓国ナショナルトラスト」と合同で環境保護活動を実践した。GW三島に同行し、国際環境交流の現場を見てきた。

 一つだけ細長く不整形な水田。周囲に雑草が生い茂り、水田横の斜面はつる草がはびこる。軍手に鎌を握った…

この記事は有料記事です。

残り854文字(全文1072文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)
  5. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです