メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディアの戦後史

情報公開 神奈川県先べん 遅れているのはむしろ国

神奈川県の情報公開制度のスタートを報じる1983年4月2日の毎日新聞横浜面

 「政治や行政の面で、自分の運命にかかわる重大な意思決定がどこか遠い暗室、あるいは密室で行われている」。1980年7月、長洲一二・神奈川県知事(故人)は職員に向けた月例談話で、県民の行政への信頼回復のために情報公開を導入する必要を説いた。

 70年代には公害裁判や政界を揺るがしたロッキード事件で究明の手掛かりになるはずの行政資料や情報が閉ざされ、市民団体などから、国民の知る権利を具体的に実現するために制度を求める機運が芽生えていた。行政の中からも、先進国である米国の「情報自由法」をモデルにした研究が始まった。長洲知事は79年、公約に「情報公開への努力」を掲げて再選され、県庁に「情報公開準備委員会」を設置した。

 だが、情報を独占してきた行政へ風当たりは強かった。担当職員に指名された中出征夫さん(故人)は条例制…

この記事は有料記事です。

残り1143文字(全文1500文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日田市営バス 回数券ミス 100枚つづり10枚多く
  2. 大阪震度6弱 初の悪質商法 「ガス修理、十数万円」被害
  3. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  4. 福井都タクシー “タクハラ”お断り 運送約款を変更
  5. 長生マスクメロン 出荷始まる /千葉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]