メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロンビア

FARC党首、大統領選に出馬へ

 【サンパウロ山本太一】南米コロンビアで9月に左翼ゲリラから政党に生まれ変わった「人民革命代替勢力」(FARC)は1日、元コロンビア革命軍最高司令官のロンドニョ党首(58)が来年の大統領選に出馬すると記者会見で発表した。ロイター通信が伝えた。

     ただ、革命軍は半世紀以上に及んだ内戦中、殺人や誘拐などに関わっているため、ロンドニョ氏が裁判にかけられる可能性もあり、立候補にどう影響するかは不明だ。

     FARCは昨年にコロンビア政府と結んだ和平合意に基づき、武装解除を完了させるなど社会復帰を進めている。今年9月に合法政党に移行した。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
    2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
    3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
    4. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
    5. 原爆写真カラー化 がれき画像500枚学習 記憶すり合せ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです