メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

ローマ教会の免罪符販売を批判するマルティン・ルターが…

 ローマ教会の免罪符(めんざいふ)販売を批判するマルティン・ルターがドイツ東部のウィッテンベルク城教会の扉に「95カ条の論題」を張り出したのは1517年だった。昔、世界史の授業で習った宗教改革の発端である▲久々に思い出したのは先日、メルケル首相や新旧両教会の代表が同地に集まり、宗教改革500年の式典が行われたとのニュースを聞いたからだ。参列者は多様な意見を尊重する「寛容」など、改革の遺産の重要さを強調したという▲だが「寛容」の思想の定着までには血みどろの宗教戦争を経験せねばならなかった欧州の歴史だ。さらに信教の自由が確立したとされた後も「寛容」は何度も厳しい試練をくぐる。では100年前の宗教改革400年はどうだったか▲時は第一次大戦の最中。ドイツは仏露との戦争をカトリックやロシア正教の国との闘争に見立て、ルターの事績を戦意高揚に利用した。例の教会の扉も修復され「論題」が刻まれた(深井智朗(ふかい・ともあき)著「プロテスタンティズム」中公新書)▲ヒトラーの時代にルターの著作がユダヤ人迫害に利用されたことも忘れるわけにいかない。歴史は必ずしも「進歩」するとは限らない。先日の式典で寛容が強調されたのも、反イスラムを掲げる排外主義が台頭する中でのことである▲式典と同じ日、米ニューヨークではイスラム過激派に影響された男の自動車暴走テロが起こった。異質なもの、異なる信仰を認め合う世界をめざす営みが、なお試練にさらされる宗教改革500年である。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
    2. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい
    3. 日米野球 日本が九回に2点差を逆転 通算3勝1敗に
    4. 米国 「次は大統領選」中間選挙終了で政界の動きが一気に
    5. サウジ記者殺害 音声記録に「ボスに伝えてくれ」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです