メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

2017衆院選 首相の「解散権」 「不意打ち」の抑制必要=井上卓弥(東京学芸部)

民進党の議員が欠席する中、2014年11月以来2年10カ月で衆院が再び解散された=国会内で9月28日、小川昌宏撮影

 臨時国会の冒頭解散で始まった総選挙を受けて特別国会が召集された。「国難」を前面に解散権という“伝家の宝刀”を抜いた安倍晋三首相に対し「大義なき解散」の批判もわき起こった。しかし、大義の受け止め方には個人差がある。理由のいかんを問わず、与党が自由に時期を選んで衆院選を行える政治慣行が、情報化社会の現代になじむものなのか考えてみたい。

 私は2006年から丸4年間、サンデー毎日編集部で永田町の政局や政策論争、国政選挙の当落予測を担当し…

この記事は有料記事です。

残り1861文字(全文2078文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  3. 特集ワイド ノーベル賞さえ取引材料? トランプ氏「安倍首相に推薦された」
  4. 盛岡大付、九回2死から見せた意地 諦めずに勝利つかむ
  5. 俳優の織本順吉さん死去、92歳 名脇役 「仁義なき戦い」シリーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです