メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子育て親子

きれいな歯並びでにっこり

8歳。上あごの真ん中から2番目の歯が左右とも内側に生えている。下あごは前の4本の歯並びがでこぼこ=犬塚さん提供

 <くらしナビ ライフスタイル>

 子どもの歯が生え変わる頃になると、気になってくるのは歯並びだ。歯並びやかみ合わせの悪さは、見た目のみならず、健康にも影響してくる。子どもの歯科矯正について、全国小児歯科開業医会会長の犬塚勝昭さん(66)に聞いた。

 ●3人に1人が問題

 厚生労働省の歯科疾患実態調査(2016年)によると、12~20歳では叢生(そうせい)(乱ぐい歯、八重歯など歯並びのガタガタ)26・4%▽上顎前突(じょうがくぜんとつ)(出っ歯)6・5%▽反対咬合(こうごう)(受け口)1・9%▽開咬(かいこう)(かみ合わせても上下の前歯が触れず隙間(すきま)ができる)1・8%--などの不正咬合の割合が高い。約3人に1人が、歯並びやかみ合わせに問題を抱えていることがわかる。

 不正咬合は後天的な原因でなることもある。指しゃぶり▽口呼吸▽片方だけでかむ癖▽ほおづえ▽うつぶせ寝…

この記事は有料記事です。

残り1771文字(全文2158文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  2. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
  3. 子育て世帯 平均年収683万円 5年前より86万円増
  4. サッカー日本代表 トルシエ氏 1次L突破「可能性ない」
  5. 名人戦 佐藤が3連覇 4勝2敗で羽生降す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]