メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

瀬戸山隆三の球界ウラ話

プロ野球/8 実を結んだ球場改革 2005年10月--ロッテが日本一

阪神に4連勝して日本一を決め、喜び合うロッテの選手たち=阪神甲子園球場で2005年10月26日、梅村直承撮影

 プロ野球界に混乱をもたらした球界再編を経て、「改革元年」とされた2005年シーズン。ボビー・バレンタイン監督率いるロッテは31年ぶりにリーグ優勝を果たし、日本シリーズでも阪神に4連勝し日本一。振り返ると、本拠地で迎えた開幕戦は新規参入した楽天・岩隈久志(現米マリナーズ)の好投もあり、1-3で初陣を飾られてしまった。しかし翌日の2戦目は先発全員安打、26得点と大勝し球場は沸き返った。この年、球界だけでなくロッテの改革も実を結んだ。

 04年に球団代表に就任したものの、当時は1996年から万年Bクラス。関係各所にあいさつに行くと、当…

この記事は有料記事です。

残り854文字(全文1121文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  2. コトバ解説 「フクロウ」と「ミミズク」の違い
  3. 重過失致死 乳児死亡、父はゲーム 浴槽放置「自由な時間確保」 容疑で書類送検 埼玉
  4. ORICON NEWS 元AKB48・高城亜樹&J1サガン鳥栖・DF高橋祐治が結婚発表「明るく穏やかな家庭を」
  5. 非常事態宣言で「一石二鳥」狙い トランプ氏、政府再閉鎖の回避と支持層アピール

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです