メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名作の現場

第32回『古事記』 案内人・酒井順子(その1)

オオクニヌシが白ウサギを助けたとされる白兎海岸を歩く酒井順子さん。後方右は淤岐ノ島=鳥取市で、いずれも大西岳彦撮影

 10月の古名は「神無月」。国中の神が地元を留守にするためだ。神々は『古事記』の現場・出雲に集うという。何を談合しておわすのか--酒井順子さんが訪ねた。

八雲立つ縁結びの地

 タイトルは知っている、けれど完読したことはない。……というのが古典文学の常ですが、中でも『古事記』は、その代表格ではないでしょうか。

 しかし読んでみれば面白いのが、『古事記』。その重要な舞台の一つである出雲(現・島根県)には、神在月…

この記事は有料記事です。

残り1358文字(全文1560文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  2. 記者不明 「殺害の証拠発見」AP報道 サウジ総領事出国
  3. KYB 「建物、震度7にも大丈夫」 データ改ざんで検証
  4. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか
  5. バイク6人死亡 大型二輪免許なし 道交法違反容疑も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです