メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名作の現場

第32回『古事記』 案内人・酒井順子(その1)

オオクニヌシが白ウサギを助けたとされる白兎海岸を歩く酒井順子さん。後方右は淤岐ノ島=鳥取市で、いずれも大西岳彦撮影

 10月の古名は「神無月」。国中の神が地元を留守にするためだ。神々は『古事記』の現場・出雲に集うという。何を談合しておわすのか--酒井順子さんが訪ねた。

八雲立つ縁結びの地

 タイトルは知っている、けれど完読したことはない。……というのが古典文学の常ですが、中でも『古事記』は、その代表格ではないでしょうか。

 しかし読んでみれば面白いのが、『古事記』。その重要な舞台の一つである出雲(現・島根県)には、神在月…

この記事は有料記事です。

残り1358文字(全文1560文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日銀決定会合 08年6月議事録「最悪期は去った」
  2. 男性死亡 尻に空気、死因は窒息 茨城県警
  3. 富山の教諭 部活指導で過労死認定
  4. 猛暑続く 熱中症注意 こうして予防、症状出たらこう対処
  5. 英・航空ショー MRJがデモ飛行 存在感アピールへ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]