メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界のまちかどで

ここに注目!/182 アメリカ なりたい自分になる日

 日本にっぽんでも年々熱ねんねんねつたかまるハロウィーン。アメリカ・ニューヨークのトレンドはなんでしょう?

     ハロウィーン用衣装よういしょうる「ハロウィーン・アドベンチャー」をたずねると、映画えいが「ワンダーウーマン」や「美女びじょ野獣やじゅう」ものが人気にんきでした。昨年さくねんつづき、アメリカのトランプ大統領だいとうりょうとメラニア夫人ふじんのマスクも人気にんきがありました。どもがおけや吸血鬼きゅうけつき仮装かそうしてキャンディーをもらう伝統でんとう大人おとな参加さんかするイベントに変化へんか映画えいが政治せいじ影響えいきょうつよけるようになりました。

     雑誌ざっしのフォーブスによると、今年ことしのハロウィーン市場しじょう昨年さくねんから8.3%びて91おくドル(やく兆円ちょうえん)にたっすると見込みこまれていました。

     「必要ひつようないものだけどしいだろ?」。みせ経営者けいえいしゃトニー・ビアンキさん(72)=写真しゃしん=はハロウィーンねつめることはないとみます。「なりたい自分じぶんになれるだ。おとこはスーパーヒーローになれるし、女装じょそうもできる」。アメリカのゆたかさがブームをささえているかも、とうと、ビアンキさんはおうじました。「まずしいくにでも仮装衣装かそういしょう手作てづくりし、化粧けしょうして、パーティーをたのしむ。人間にんげん本質ほんしつまれているんだ」【ニューヨーク・國枝くにえだすみれ、写真しゃしんも】


    国名こくめい アメリカがっしゅうこく

    首都しゅと ワシントンD.C.

    面積めんせき やく986万平方まんへいほうキロメートル

    人口じんこう やくおく2000万人まんにん(2015年推定ねんすいてい

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 東京入管 腹痛男性への診療放置 20時間「容態観察」
    2. 反セクハラ 自民・長尾氏、女性議員に「縁遠い方々」
    3. ヒョウモンダコ 猛毒 「絶対に触らないで」 長崎・諫早
    4. 和歌山妻殺害 容疑で逮捕の夫、不倫相手との新生活望む
    5. セクハラ疑惑 「この期に及んで否定とは」週刊新潮編集部

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]