メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なにわの隅で小休止

太陽の塔と心臓移植 生命つなぐシンボル /大阪

「グリーンリボンデー」で緑色にライトアップされた太陽の塔=大阪府吹田市で、本社ヘリから三村政司撮影

 脳死した人からの臓器提供を可能にした臓器移植法の成立・施行から今年は20年。法成立は1997年6月17日で、同年10月16日に施行された。そして10月は「臓器移植普及推進月間」。日本臓器移植ネットワークをはじめとする関連団体が「グリーンリボンキャンペーン」として啓発活動を展開した。

 グリーンリボンは成長と「新しい命」を意味し、世界的な移植医療のシンボル。「グリーンリボンデー」の10月16日には、万博記念公園(吹田市)の太陽の塔など各地のランドマークが緑色にライトアップされた。

この記事は有料記事です。

残り806文字(全文1047文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  4. 自民総裁選 進次郎氏「違う声を強みに」 石破氏支持理由
  5. 大相撲秋場所 さらばロシアの巨漢 大露羅、引退を表明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです