メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阿波春秋

大谷句仏 明治・大正期の俳人 東本願寺法主で伯爵 /徳島

 大谷句仏(おおたにくぶつ)(1875~1943年)明治・大正期の東本願寺法主、俳人、本名大谷光演(こうえん)。京都府出身。

 人名辞典で「大谷句仏」を探してもなかなか出てこない。本名で出ているからだ。真宗大谷派の22世法主大谷光瑩(こうえい)(現如)の次男。法名は彰如、号は愚峰(ぐほう)、俳名句仏。

 10歳で得度。1900(明治33)年各宗派を代表して仏骨奉迎正使としてタイへ渡った。08年23世法主となり17(大正6)年に朝鮮、中国東北部(満州)を巡場。一方、鉱山事業に失敗。25(大正14)年責…

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文625文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  3. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  5. 大津中2自殺 いじめとの因果関係認定 元同級生側2人に賠償命じる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです