メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

県予選 男子・小豆島中央が連覇 女子・香川西独走で初V /香川

右手で「1」と掲げてフィニッシュする小豆島中央のアンカー、長尾周選手=香川県坂出市の番の州公園前特設コースで、山口桂子撮影

 男子第68回・女子第29回全国高校駅伝競走大会県予選会(県教委、県高体連、毎日新聞高松支局など主催)が4日、坂出市の番の州公園前特設コースであった。男子は2時間12分34秒で小豆島中央が2連覇(統合前の小豆島を含む)、女子は1時間13分28秒で、四国学院大香川西が初優勝を果たし、2校は12月24日に京都市で開かれる全国大会への出場切符を手にした。また、上位の男子4校と女子3校は、19日に徳島県である四国大会へ出場する。【小川和久、山口桂子】

この記事は有料記事です。

残り3404文字(全文3627文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪北部地震 68%が出社不要 関西企業60社アンケ 
  2. JAL 自ら選んだ男性CAの道「男女に関係なく志望を」
  3. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  4. 西日本豪雨 「ママ、寒いよ」土石流5歳児の夢奪う 広島
  5. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]