メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

大国指導者が語る夢=京都大教授・中西寛

中西寛氏=宮武祐希撮影

直面する現実に対処を 中西寛(ひろし)

 日本で安倍晋三首相が衆院選の投開票を迎えた時は、ちょうど中国で5年に1度の共産党大会が開催される習近平政権の節目と重なっていた。結果として、5年前のほぼ同時期に政権の座についた、東アジアで隣りあう世界第2、3位の経済大国の指導者は長期政権への道を固めた。

 安倍首相が野党の弱体ぶりを見て決断したと思われる「戦略的解散」は、最大野党だった民進党の分解と野党共闘の破綻を招いて予想以上の結果をもたらした。選挙後には全閣僚を再任して政治的影響は最小限にとどめ、来年秋に予定される自民党総裁選での3選、最長で2021年秋までの首相任期への可能性を開いたと言えるだろう。

 しかし隣国の指導者が誇示した権勢は、安倍首相の勝利をはるかに上回る。中国共産党規約は改正され、「習…

この記事は有料記事です。

残り1406文字(全文1756文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌中央署 自転車ひき逃げ容疑の大学生逮捕 小2被害
  2. 福井豪雪 セブン50時間休めず 経営夫婦、本部に要請認められず
  3. かぼちゃの馬車 借金背負った多数のオーナー「なぜ破綻」
  4. 東京簡裁 菊池桃子さんストーカーで罰金30万円
  5. ウラから目線 野党って?=福本容子

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]