メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外悪質タックルは監督の指示、「やらなければ後ないと思った」
こころの天気図

退職者よ、街へ出よう=東京大教授、精神科医 佐々木司

 「最近、毎日が憂鬱で」という女性からの相談があり、理由を聞いたら「夫が定年退職して、毎日家にいるのよ」とのこと。ほとんど外出もせず、うっとうしいこと限りないそうだ。男としてはショックな話だ。

 その後、60~70歳くらいの人と話すたびに「毎日の過ごし方」を聞くようにした。女性はカルチャースクールで趣味に没頭したり、友達とショッピングやおしゃべりに出掛けたりと、結構楽しく過ごしている人が多かった。一方、男性は出掛けることも少なく、出された食事を食べて寝るだけという「引きこもり」生活になっている人も見かける。長年、地元と離れた職場を中心に生活してきて、自宅の周りにはなじんだ場所も友達も少ない。女性のようにウインドーショッピングもおしゃべりもしないので、外出もなかなか、ということらしい。

 こういう人に試しに歩数計をつけてもらうと、たまの外出を除けば、1日の歩数は数百歩程度しかなく、運動…

この記事は有料記事です。

残り593文字(全文988文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院委 過労死、自己責任になる仕組み…遺族が高プロ批判
  2. 愛媛県文書 「正直に書いている」県幹部、首相否定に
  3. 福岡県教委 中3女子を買春 男性教諭を免職処分
  4. 強制わいせつ容疑 26歳消防士を逮捕 山梨県警
  5. 大阪 保育園に車突入 運転の69歳男性死亡 園児は不在

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]