メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いただきます

母恋めし×JR室蘭線 栄えた鉄の街、母の思い

イラスト 佐々木悟郎

 木造の小さな駅舎に2両編成のディーゼル車がとまった。北海道室蘭市にあるJR室蘭線の母恋(ぼこい)駅。常駐する駅員はいない。地元住民が切符を販売する簡易委託駅だ。

 JR北海道は昨年11月、単独では維持が難しい路線を発表した。室蘭線は対象にならなかったものの、市の人口はピーク時の半分ほどで、母恋駅の利用客も落ち込む。

 午前9時、キヨスクが撤退した一角のシャッターが開いた。並んだ駅弁「母恋めし」は「いい母」にちなみ1…

この記事は有料記事です。

残り788文字(全文996文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 野党 セクハラ疑惑に抗議 黒い服で「#MeToo」
  2. 将来推計 埼玉の人口、2045年に74万人減 対策急ぐ
  3. AV問題 女優が語った本音 新ルールで変わる撮影現場
  4. 関越道 トレーラー横転、2台が追突 男性重傷 埼玉
  5. 和歌山殺人 妻に複数の生命保険 体内から大量の砂

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]