メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

作家の古処誠二さん=福岡県で2017年10月20日、鶴谷真撮影

 優れた出版物の著編者、出版社などを顕彰する第71回毎日出版文化賞(特別協力=大日本印刷株式会社)の受賞図書が決まった。文学・芸術部門▽人文・社会部門▽自然科学部門▽企画部門▽特別賞の5部門。各部門の受賞者を5回にわたって紹介する。

 ◆文学・芸術部門 『いくさの底』(KADOKAWA・1728円)

戦時も変わらぬ人間

 「この受賞が、小説をより多くの人に読んでいただくきっかけになればいいですね」。控えめに喜びを語る。太平洋戦争にまつわる個人の手記や戦友会報、さらに戦史叢書(そうしょ)といった資料を精査し、戦地での人間ドラマを創作してきた。登場人物たちがどこかクールで、感動や悲劇から距離を置くのは「敗戦あるいは反戦という今の視点を絶対に小説に入れない」ゆえ。読者は、当時の必然に従って動く人間たちの肩口に乗り、時に内面に入り込む。

 その一つの到達点が本作だ。1943年初頭、日本軍占領下にあるビルマ(現ミャンマー)の村が舞台となる…

この記事は有料記事です。

残り820文字(全文1236文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 阿波踊り 閉幕 騒動よそに熱気あふれる
  2. 阿波踊り 熱気受け総踊り強行 絶賛、批判の声交錯 徳島市自粛再要請 会場に怒号、一時騒然 /徳島
  3. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  4. 夏の高校野球 報徳学園が8強一番乗り 愛工大名電降す
  5. 羽生結弦選手 映画「殿、利息でござる!」は“例外出演” 出演快諾の理由と熱い思い明かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです