メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

県予選会 男子は豊川、3年連続制覇 光ケ丘女子、悲願の初優勝 /愛知

フィニッシュテープを切る豊川のアンカー・岩城亮介選手

 男子第68回、女子第29回全国高校駅伝競走大会県予選会(県・県教委・県高体連・愛知陸上競技協会主催、毎日新聞社・知多市・同市教委後援、知多署・知多三四会協力)が5日、知多市緑町の知多運動公園陸上競技場を発着点に行われた。男子(7区、42・195キロ)は豊川が4区でトップに立った後は独走となり、3年連続4回目の優勝を果たした。女子(5区、21・0975キロ)は、光ケ丘女子が最終5区で逆転し、悲願の初優勝に輝いた。ともに12月24日に京都市の都大路で開かれる全国大会の出場権を獲得した。また男女とも上位6校は今月26日に三重県で開かれる東海大会に出場する。【三浦研吾、藤田健志】

この記事は有料記事です。

残り1287文字(全文1577文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交通安全標語 津軽弁「難しすぎる」ツイッターで話題に
  2. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念
  3. アメフット 関学監督と選手父コメント 日大選手会見受け
  4. アメフット 「相手のQBをつぶせ」前監督らが指示
  5. アメフット 会見詳報(2) 監督から「やらなきゃ意味ないよ」と言われた

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]