メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

県予選会 男子は豊川、3年連続制覇 光ケ丘女子、悲願の初優勝 /愛知

フィニッシュテープを切る豊川のアンカー・岩城亮介選手

 男子第68回、女子第29回全国高校駅伝競走大会県予選会(県・県教委・県高体連・愛知陸上競技協会主催、毎日新聞社・知多市・同市教委後援、知多署・知多三四会協力)が5日、知多市緑町の知多運動公園陸上競技場を発着点に行われた。男子(7区、42・195キロ)は豊川が4区でトップに立った後は独走となり、3年連続4回目の優勝を果たした。女子(5区、21・0975キロ)は、光ケ丘女子が最終5区で逆転し、悲願の初優勝に輝いた。ともに12月24日に京都市の都大路で開かれる全国大会の出場権を獲得した。また男女とも上位6校は今月26日に三重県で開かれる東海大会に出場する。【三浦研吾、藤田健志】

この記事は有料記事です。

残り1287文字(全文1577文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 内村航平が予選落ち 体操全日本選手権
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 大迫のツイッター批判受け、陸連が規定変更を検討 日本選手権後
  4. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  5. 「給料泥棒」「ずるい」 7年育休のNHKアナ退職、バッシング殺到の背景は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです