メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カウントダウン

ラグビーW杯2019/下 守り強化、急ピッチ

 試合開始早々、日本代表のFWリーチ(東芝)とCTB立川(クボタ)が、オーストラリアのFWマクマホンに2人でチャージし、あおむけにした。前半4分にはFW布巻(パナソニック)が素早く間合いを詰めて相手のロックを倒した。

 4日に横浜・日産スタジアムであったテストマッチのオーストラリア戦。日本は30-63で屈したものの、10月に着任したプラムツリー・コーチの下で取り組む、前へ積極的に出て圧力をかける防御システムは一部機能した。SH田中(パナソニック)は「ダブルタックルや前に出て行けたところはあった。もっとターンオーバーを狙いたい」と言う。

 日本代表のジョセフ・ヘッドコーチは「防御が最大の課題」と強調する。2016年9月の就任以降、キック…

この記事は有料記事です。

残り608文字(全文927文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. ふたご座流星群、14日ピーク 夜半過ぎから好条件で観測
  4. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  5. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです