メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論の周辺

生命論的世界観へ

 JT生命誌研究館が大阪府高槻市にオープンしたのは1993年である。「生きものを見つめ、研究し、その過程や成果を表現することを通して、自然・生命・人間について考える」というユニークなコンセプトのもと、研究とともに展示、レクチャーなど多様な催しが行われてきた。

 生命誌(バイオヒストリー)という概念は、現館長の中村桂子さんが発案したものだ。生命誌が成立するまでの過程や研究成果、現状と課題などを、新聞・雑誌の連載を軸に分かりやすく説いた本が、中村さんの『いのち愛(め)づる生命誌』(藤原書店)である。

 まず生命科学という分野が70年、日本で生まれた。それまでの生物学が植物学、動物学、微生物学などと細…

この記事は有料記事です。

残り1195文字(全文1494文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ねこ駅長 「ニャー」就任で観光客5倍に JR豊後竹田駅
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  3. 熊本遺体 粘着テープで手足を拘束 死後数週間が経過
  4. 陸上 山県が2位 優勝はガトリン 男子100メートル
  5. 名人戦 佐藤名人が2勝目 再びタイに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]