メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論の周辺

生命論的世界観へ

 JT生命誌研究館が大阪府高槻市にオープンしたのは1993年である。「生きものを見つめ、研究し、その過程や成果を表現することを通して、自然・生命・人間について考える」というユニークなコンセプトのもと、研究とともに展示、レクチャーなど多様な催しが行われてきた。

 生命誌(バイオヒストリー)という概念は、現館長の中村桂子さんが発案したものだ。生命誌が成立するまでの過程や研究成果、現状と課題などを、新聞・雑誌の連載を軸に分かりやすく説いた本が、中村さんの『いのち愛(め)づる生命誌』(藤原書店)である。

 まず生命科学という分野が70年、日本で生まれた。それまでの生物学が植物学、動物学、微生物学などと細…

この記事は有料記事です。

残り1195文字(全文1494文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
  3. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  4. 京都府警 スーパーで店員の女性刺す 男の身柄を確保
  5. 質問なるほドリ 5Gどんな通信? 動画も超高速ダウンロード 自動運転支える=回答・森有正

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです