メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論の周辺

生命論的世界観へ

 JT生命誌研究館が大阪府高槻市にオープンしたのは1993年である。「生きものを見つめ、研究し、その過程や成果を表現することを通して、自然・生命・人間について考える」というユニークなコンセプトのもと、研究とともに展示、レクチャーなど多様な催しが行われてきた。

 生命誌(バイオヒストリー)という概念は、現館長の中村桂子さんが発案したものだ。生命誌が成立するまでの過程や研究成果、現状と課題などを、新聞・雑誌の連載を軸に分かりやすく説いた本が、中村さんの『いのち愛(め)づる生命誌』(藤原書店)である。

 まず生命科学という分野が70年、日本で生まれた。それまでの生物学が植物学、動物学、微生物学などと細…

この記事は有料記事です。

残り1195文字(全文1494文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. レゴランド 隣接の商業施設苦戦 開業1年余で12店撤退
  4. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  5. 第100回全国高校野球 南北埼玉大会 埼玉栄敗れる 浦学、花咲徳栄など8強 /埼玉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]