メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

千葉聡氏=藤井太郎撮影

 ◆自然科学部門 『歌うカタツムリ』(岩波書店・1728円)

らせんを描く論争の歴史

 「この本の編集、出版に関わったすべての人たちとのチームでの受賞だと思っています」。控えめに喜びを語る。受賞作は、カタツムリを中心に生物進化の研究史を描いたもの。明快で流れるような筆の運びが印象的だ。「カタツムリという個別のテーマを通して、進化という普遍的な課題を研究者たちがいかに解明しようとしてきたのか、科学的なものの考え方とはどういうものかを読者に示そうとしました」

 大学院修士課程の時に、小笠原諸島のカタツムリの研究を始めた。以来30年余り、北はシベリアから南はニ…

この記事は有料記事です。

残り792文字(全文1069文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  3. プロ野球 ドラフト情報 吉田「野球が仕事に」
  4. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  5. 競売 ヒトラーの写真130万円落札 ユダヤ系少女と笑顔

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです