メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

千葉聡氏=藤井太郎撮影

 ◆自然科学部門 『歌うカタツムリ』(岩波書店・1728円)

らせんを描く論争の歴史

 「この本の編集、出版に関わったすべての人たちとのチームでの受賞だと思っています」。控えめに喜びを語る。受賞作は、カタツムリを中心に生物進化の研究史を描いたもの。明快で流れるような筆の運びが印象的だ。「カタツムリという個別のテーマを通して、進化という普遍的な課題を研究者たちがいかに解明しようとしてきたのか、科学的なものの考え方とはどういうものかを読者に示そうとしました」

 大学院修士課程の時に、小笠原諸島のカタツムリの研究を始めた。以来30年余り、北はシベリアから南はニ…

この記事は有料記事です。

残り792文字(全文1069文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 後遺症残る伊丹市職員 友の分も生き 支える側に 尼崎脱線事故14年

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです