メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥インフルエンザ

松江で陽性反応確認 野鳥パトロール実施へ 県が連絡会議 /島根

宍道湖で、鳥の様子を観察する島根県東部農林振興センターの調査員=松江市玉湯町林で、前田葵撮影

 県は6日、松江市内で5日に回収されたコブハクチョウ1羽の死骸から、簡易検査でA型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が確認されたことを受け、関係課による危機管理連絡会議を開いた。環境省は同日付で、回収地点から周辺10キロ圏内を野鳥監視重点区域に指定した。

 県によると、住民の連絡を受けて5日午後に松江市宍道町の宍道湖岸で、打ち上げられた雄のコブハク…

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文436文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安彦良和 70歳の“最後の新連載”「乾と巽」が「アフタヌーン」でスタート 
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  4. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存
  5. 核兵器廃絶 吉永小百合さん「核兵器のこと考えて」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです