メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

胎児の健康のためには、適切な食事とストレスのない環境が大切だ

 多くの母親は、赤ちゃんがまだおなかの中にいる時から、音楽を聴かせたり本を読み聞かせたりする。赤ちゃんの脳や体の発達にいい影響をもたらすと期待するためだ。ただ、こうした胎教は、実際に効果を信じるには科学的根拠が薄い。

 では、妊娠期の母親が出生後の子の成長のためにできることは何もないのかといえば、もちろんそうではない。例えば、妊娠している間の母親の過度な栄養不足や肥満状態、喫煙は、子が将来的に高血圧や肥満、心臓疾患、糖尿病になるリスクを高めることが分かっている。なぜ、母親の胎内にいる時の影響が、何十年も先の発病リスクとなって残るのだろうか? その原因は、「遺…

この記事は有料記事です。

残り422文字(全文703文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界の雑記帳 工場から液状チョコあふれ道路に、ドイツ西部で消防隊が緊急出動
  2. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  3. 服のにおい女性に嗅がせた51歳男逮捕
  4. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  5. デートDV 暴言や暴力…被害者は男子生徒、女子の倍以上

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです