メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

上位進出者に開かれる門戸、アマチュア大会佳境 即プロか、それとも

全国学生選手権個人戦で優勝し、胴上げされる日大の中島=小関勉撮影

 アマチュア相撲界がシーズンの佳境を迎えている。個人戦の上位進出で大相撲の付け出し資格が得られる大会のうち、9月の全日本実業団選手権、10月の国体成年男子、今月の第95回記念全国学生選手権(毎日新聞社、日本学生相撲連盟、日本相撲連盟主催)と3大会が終了した。残すは「アマ横綱」を決める全日本選手権(来月3日、東京・両国国技館)のみだ。角界で勢力を拡大する学生出身者。今年の学生選手権を振り返るとともに、近年の学生の傾向を探る。【田中将隆、飯山太郎】

 大相撲の付け出し資格は現在、前出4大会の1大会優勝で幕下15枚目格を、全日本を含む複数大会優勝で幕…

この記事は有料記事です。

残り1560文字(全文1834文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 狛江市 市長辞意の決め手はセクハラ被害女性の実名抗議文
  2. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  3. 車ナンバー 図柄入りデザイン 全国41地域を決定 
  4. アメフット 関学監督と選手父コメント 日大選手会見受け
  5. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]