メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

角界随想 横綱を奮起させたおかみさんの一言

 9月の秋場所は、日馬富士が4横綱休場という前代未聞の事態を回避し、劇的な逆転優勝を果たした。あまりの重圧だったのだろう。後に「(優勝の)一夜明け会見直後から高熱が出て、点滴を打って数日間、寝込んだ」と明かした。

 実は「真剣に休場を考えた」というのが、平幕に3連敗した5日目だった。満身創痍(そうい)で元々、肘や手首や足首にサポーターをつけている。加えて「勝つことばかりに意識がいき、焦って」黒星が先行し、気持ちが切れかかっていた。

 取組後、報道陣には無言で伊勢ケ浜部屋へ行き、おかみさんにあいさつした。「あちこち痛いです」とこぼす…

この記事は有料記事です。

残り523文字(全文789文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見
  2. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  3. ORICON NEWS 登山家・栗城史多さん死去 エベレスト下山途中、遺体で発見
  4. ネパール 登山家の栗城さん、エベレストで遭難か
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]