メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カウントダウン

ラグビーW杯2019/下 防御、最大の課題

オーストラリアのFWフーパーにタックルするFW堀江(パナソニック=右上)と布巻(手前)。ワールドカップに向けてさらなる強化が必要だ=宮間俊樹撮影

 試合開始早々、日本代表のFWリーチ(東芝)とCTB立川(クボタ)が、オーストラリアのFWマクマホンに2人でチャージし、あおむけにした。前半4分にはFW布巻(パナソニック)が素早く間合いを詰めて相手のロックを倒した。

 4日に横浜・日産スタジアムであったテストマッチのオーストラリア戦。日本は30-63で屈したものの、10月に着任したプラムツリー・コーチの下で取り組む、前へ積極的に出て圧力をかける防御システムは一部機能した。SH田中(パナソニック)は「ダブルタックルや前に出て行けたところはあった。もっとターンオーバーを狙いたい」と言う。

 日本代表のジョセフ・ヘッドコーチは「防御が最大の課題」と強調する。2016年9月の就任以降、キック…

この記事は有料記事です。

残り606文字(全文925文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督
  2. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
  3. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  4. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い
  5. 韓国大統領 正恩氏と2度目の首脳会談 板門店で実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]