メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旅の空から・たてがみなびかせ

女王獲得賞金、独り歩き=芦谷有香

 日本の皇室と英国王室の違いの一つに私的財産がある。例えば、エリザベス2世女王は多くの個人資産や不動産を所有している。それをどう使うかは彼女の自由だし、運用によって得た所得や利益から多額の税金を毎年納めている。

 先日、タックスヘイブン(租税回避地)に女王も投資をしていると報道された。が、それは彼女の個人資産で、違法ではない。英国の一部では女王がそういう投資をするのはどうかという声が上がっているが、女王の投資を任されている人が気を配るべきことだ。また、女王は本来、納税義務のない立場にあるが、1993年から自主的に税金を納めていることも忘れてはならないだろう。

 そんな女王が過去30年間に競馬で約670万5000ポンド(約10億円)の賞金を得ていると、別の日に…

この記事は有料記事です。

残り449文字(全文780文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「4人に青酸」「死刑、覚悟できている」青酸連続殺人の筧千佐子被告が記者に心境
  2. 半年前を思い出す大揺れ 札幌・タクシー乗り場に長い列も 北海道地震
  3. 3分遅刻の結果は5時間中断 桜田氏「心から深くおわび」 衆院予算委
  4. 「とても驚いた」「ぎょっと…」夜間の大揺れに厚真町民 北海道地震
  5. 体長3.4mダイオウイカ死骸 河口に 島根・浜田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです