メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 ◆人文・社会部門 『ゲンロン0 観光客の哲学』(ゲンロン・2484円)

「友」「敵」経ない普遍性

 受賞作は、「観光客」的な態度で、「無責任に見えても、いろんなことに首を突っ込んでみよう」と論じる哲学書だ。20代からの考察の、現時点での結論である。

 従来の哲学は、たとえば、世界を「友」(共同体の内)と「敵」(外)に分けるのが政治であり、人間が普遍性を持った「人間」に成熟する条件だとしてきた。

 確かに、今の政治や社会も、「反安倍晋三首相か、親首相か」「脱原発か否か」など、無数に「友」と「敵」…

この記事は有料記事です。

残り812文字(全文1058文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天然記念物のジュゴン1頭の死骸発見 沖縄
  2. 準強姦で起訴の男性会社役員に無罪判決 地裁久留米支部
  3. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  4. 「どう接したら…」 職員に戸惑いも 暴言の明石市長3選
  5. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです