メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 ◆人文・社会部門 『ゲンロン0 観光客の哲学』(ゲンロン・2484円)

「友」「敵」経ない普遍性

 受賞作は、「観光客」的な態度で、「無責任に見えても、いろんなことに首を突っ込んでみよう」と論じる哲学書だ。20代からの考察の、現時点での結論である。

 従来の哲学は、たとえば、世界を「友」(共同体の内)と「敵」(外)に分けるのが政治であり、人間が普遍性を持った「人間」に成熟する条件だとしてきた。

 確かに、今の政治や社会も、「反安倍晋三首相か、親首相か」「脱原発か否か」など、無数に「友」と「敵」…

この記事は有料記事です。

残り812文字(全文1058文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  2. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  3. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  4. タイヤチェーン 大雪時に装着義務、今冬から13区間で 「夏タイヤ規制が先」の声も
  5. 特集ワイド 道徳教材、透ける「押し付け」 中学教科書、開いてみると…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです