メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロス米商務長官

制裁対象企業と取引 関係会社

 ロス米商務長官と関係が深い海運会社ナビゲーター・ホールディングスが、米国による経済制裁対象であるベネズエラの国営石油企業PDVSAと取引をしていることが6日、分かった。ナビ社は既に、プーチン・ロシア大統領の娘婿らが役員を務める石油化学大手とも取引をしていることが判明している。

 制裁はPDVSAとの社債取引禁止などで、こうした事業は、形の上では制裁違反でないものの、制裁対象の企業から米閣僚の側が利益を得る構図となる。制裁目的に反するとの批判は必至だ。ロス氏は厳しい立場に追い…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文599文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社告 優勝額を販売します 9月場所・白鵬関
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 赤坂電視台 川合俊一 日本女子バレーの団結力はすごい!
  4. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  5. 東京 コインロッカーから乳児遺体 無職女性が事情知る?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです