メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

座間9遺体 群馬の高1女子 アニメ好き、ネットに友達

現場アパート前の線路際に供えられた花束と飲み物=神奈川県座間市で2017年11月6日、長真一撮影

 神奈川県座間市のアパートで9人の遺体が見つかった事件で、被害者とみられる群馬県邑楽(おうら)町の県立高校1年の女子生徒(15)は、同級生によると、アニメやゲームが好きな「真面目でおとなしい」生徒だった。同級生の1人は「ラインで連絡しても反応がない。無事を祈ることしかできない」と話す。

 「先生にほめられることが多い」「明るくて優しくて、はきはきしている」。生徒について、同級生らは口をそろえる。

 中学3年生だった昨年7月には、邑楽町が開いた「一日子ども議会」に「中学生議員」として参加し、町長に人口減少問題について質問した。中学では演劇部に入り、部員とよく遊んでいたという。また小学生の時にバレエを習っており、体が柔らかく、みんなに注目されたという。

 高校は美術部で自作のキャラクターを描いていた。ホラーゲームが好きで、7月にはツイッターでゲームのアニメ化を喜ぶ内容を投稿。自宅ではペットの猫と犬を可愛がっていたという。

 高校の同級生によると、生徒は「インターネット上にたくさんの友達がいて、実際に連絡して会ったこともある」と話し、休日に東京に出かけることもあったという。

 行方が分からなくなったのは8月28日。この日の始業式を欠席。翌日になっても自宅に戻らないため、家族が群馬県警に届け出た。高校関係者によると、女子生徒は1学期は休んだことはなかったが、始業式当日の朝にツイッターで「休む」と書き込んでいた。

 ある同級生は「クラスで浮いたりしていないし、いじめられたりもない。悩みを抱えた様子もなかった。事件に巻き込まれたとしたら信じられない」と不安そうに話す。【神内亜実、西銘研志郎、杉直樹、金森崇之】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タワーマンション 男性転落死 妻を殺害後、自殺か 大阪
  2. 日馬富士暴行 リモコン、灰皿で殴打 個室モンゴル勢のみ
  3. クローズアップ2017 日馬富士関暴行 「キレた横綱」混迷 証言食い違い/報告遅れ
  4. ORICON NEWS 『ドラゴンボール超』で“ブルマ”鶴ひろみさん追悼テロップ「たくさんの方々に勇気と優しさを…」
  5. 障害者解雇 福山市説明会 利用者ら憤り「突然だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]