メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・ファイル

レンタカー 外国人観光客による事故が急増

レンタカー営業所のスタッフ(左)から車の操作方法を教わる香港からの旅行客=福岡市で2016年10月8日

交通ビッグデータ活用でピンポイント対策 国交省 

 訪日観光客の増加に伴い、外国人によるレンタカー事故が急増していることが問題になっている。国土交通省はETC2.0などによる交通ビッグデータを使ったピンポイント対策を始めた。福岡や北海道など外国人のレンタカー利用が多い全国5地域で、急ブレーキをかけた場所などを調査し外国人特有の傾向を把握。危険箇所には多言語の注意看板を出すなどの対策を講じる。外国人利用の場合、定額で高速道路乗り放題になるなどの特典もあり、全国的に道路上の安全・安心をアピールしてさらにインバウンド増につなげる狙いがある。

 国交省の国際航空旅客動態調査によると、2011年の外国人観光客のレンタカー利用者は17万9000人…

この記事は有料記事です。

残り2270文字(全文2589文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  2. 記者不明 「殺害の証拠発見」AP報道 サウジ総領事出国
  3. KYB 「建物、震度7にも大丈夫」 データ改ざんで検証
  4. バイク6人死亡 大型二輪免許なし 道交法違反容疑も
  5. KYB 免震装置986件で不正 検査データ改ざん

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです