メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・ファイル

仮想通貨 利用者保護へ取引所を登録制

近鉄グループホールディングスと三菱総合研究所が9月に実験する仮想通貨での買い物風景。顧客のスマートフォンと店側のタブレット端末で決済が完結する=大阪市阿倍野区の近鉄百貨店本店で2017年5月25日

各国中央銀行も発行を検討 通貨制度の抜本的変革も

 仮想通貨をめぐる動きが急ピッチだ。利用者保護のため、仮想通貨の取引所を登録制とする一方で、仮想通貨の取引システムを支えるマイニング(採掘)事業に日本企業が相次いで参入している。また、新規仮想通貨公開(ICO)と呼ばれる手法での資金調達も行われるようになっている。ここでも詐欺的行為を防ぐための新たな方策が求められている。さらには、各国の中央銀行が仮想通貨の発行について検討を進めているという。仮想通貨は、金融ビジネスだけでなく、通貨制度の抜本的な変革につながる可能性すら指摘されるようになってきた。

 東京・渋谷に拠点が置かれていた仮想通貨のビットコインの取引所であるマウントゴックスが2014年2月…

この記事は有料記事です。

残り2306文字(全文2630文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 卓球 福原愛が現役引退を表明 自身のブログで
  2. 卓球 福原愛さん引退 中国、台湾でも高い関心
  3. 渋谷 ドリームアミさんに歓声 文化村通りで路上ショー
  4. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  5. 福原愛 台湾で結婚披露宴 「試合より緊張する」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです