メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仏像

レプリカで盗難被害防止 3Dプリンター使用、高校生も協力 和歌山県

3Dプリンターで作製した仏像について話す大河内智之さん=奈良市で、林由紀子撮影

 地域の仏像を盗難被害から守ろうと、和歌山県では、3Dプリンターによる「お身代わり」(レプリカ)の製作など先進的な取り組みが進む。その背景や具体的事例について、和歌山県立博物館の大河内智之・主査学芸員が先月下旬、奈良市の帝塚山大で紹介した。

 和歌山県では2010~11年、少なくとも連続60件(仏像172体、仏具90点)の文化財盗難が発覚。その大半が無人のお堂やほこらに安置されていた。こうした事態を受け、県教委と県警が連携。警察に被害届が出されると直ちに県教委に…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  3. 堺市長、辞意固める 政治資金収支報告書に2億3000万円不記載
  4. 次期堺市長選に維新が候補擁立の意向 松井代表、竹山氏を批判「潔くなかった」
  5. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです