メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JASRAC

洋画楽曲使用料、新規定で徴収へ

 JASRAC(日本音楽著作権協会)は8日、東京都内で記者会見し、映画館での洋画の上映にあたって、映画で使われている楽曲の使用料の徴収方法を見直す意向を示した。全国の映画館などで構成する全国興行生活衛生同業組合連合会(全興連)と徴収方法について合意し、来年度から新たな規定に基づいた徴収を開始したいとしている。

 JASRACによると、現在、洋画に使われる音楽の著作権料は、上映館数や興行収入に関わらず1本当たり一律18万円と決まっている。しかし、欧州では平均して興収全体の約1~2%を興行側が支払う仕組みになっており、日本よりも多額の使用料が著作権者に支払われているという。JASRACは、欧州並みに興行側が興行規模に見合った金額を支払う仕組みに改めたい考え。ただ、すぐに興収の1~2%の使用料を徴収はせず、段階的な引き上げを目指す。

 JASRACの浅石道夫理事長は「以前より海外の著作権者から是正を求められてきた。著作権に関して、我が国の置かれている実情を理解してほしい」と述べた。【木村光則】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  4. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです