メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

MAINICHI芸術食堂

映画「人生はシネマティック!」 戦時の希望に力尽くす /愛知

 英国から、また愛すべき1本が届いた。第二次世界大戦下で、映画製作に情熱を傾けた人々の真摯(しんし)な物語だ。時代の香りを漂わせ、つらい現実と夢の世界を絶妙にブレンドした上質な作品。映画「人生はシネマティック!」には、映画愛と人間愛が詰まっている。

 1940年のロンドン。コピーライターの秘書だったカトリンは、徴兵されたライターの代わりに書いたコピーが認められ、新作映画の脚本陣に加わる。そして、情報省映画局の特別顧問バックリーと共に、ダンケルクで独軍の包囲から英国人兵士たちを救出した双子姉妹の感動秘話を脚本に練り上げていく。戦争で疲弊した国民を鼓舞するための映画作りは、ベテラン俳優のわがままや、政府・軍部の横やりなどで二転三転を強いられるが……。

 まず、当時の撮影現場の様子がとても興味深い。ダンケルクの海岸を埋め尽くす何万もの兵士の列を、どのよ…

この記事は有料記事です。

残り598文字(全文974文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 野党 セクハラ疑惑に抗議 黒い服で「#MeToo」
  2. 将来推計 埼玉の人口、2045年に74万人減 対策急ぐ
  3. AV問題 女優が語った本音 新ルールで変わる撮影現場
  4. 関越道 トレーラー横転、2台が追突 男性重傷 埼玉
  5. 和歌山殺人 妻に複数の生命保険 体内から大量の砂

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]