メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

TPP11

大筋合意 米復帰前提で一致 保護主義包囲網拡大

 米国を除く環太平洋パートナーシップ協定(TPP)参加11カ国は9日、交渉開始からわずか半年で11カ国の協定(TPP11)の大筋合意に到達した。米国離脱で一時漂流の危機に直面したが「将来的な米国復帰」にTPP枠組み維持への活路を見いだした。急ピッチで議論が進んだ背景には「米国第一主義」を掲げるトランプ政権に通商政策の変更を促したい思惑もあった。

 TPPは2016年2月に12カ国で合意したが、今年1月に米国が離脱。12カ国の国内総生産(GDP)…

この記事は有料記事です。

残り891文字(全文1114文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 統計不正 統計標語募集で「大喜利」状態 総務省職員は……
  2. 宇都宮ピークス 県内最高層マンション完成 /栃木
  3. マルクスの墓、また荒らされる 「憎悪の教え」落書き
  4. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  5. 官兵衛神社、今秋に建立 姫路・地鎮祭に氏子ら100人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです