メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

国宝展 京都国立博物館から 素直な目に実物迫る=清水有香(大阪学芸部)

ほぼ等身大で描かれた「伝源頼朝像」。多くの人が熱心に見入っていた=京都市東山区の京都国立博物館で、小松雄介撮影

 「モーレツに素人たれ」とは美術家、岡本太郎(1911~96年)の言葉だ。芸術に向き合う時、斜に構えた玄人的な見方をするのではなく、無邪気かつ素直に見る「はだかの目の正しさ」を太郎は唱えた。現在、京都市東山区の京都国立博物館(京博)で開催中の特別展覧会「国宝」(26日まで)を訪れ、まずは自らの「はだかの目」で実物を味わうことの大切さを改めて感じた。国宝の重々しい雰囲気から自由になり、驚きや疑問といった実感を得ることに鑑賞の醍醐味(だいごみ)があると思う。

 京博開館120年を記念した本展は、国宝のうち建造物を除いた美術工芸品885件の約4分の1にあたる2…

この記事は有料記事です。

残り1787文字(全文2066文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  2. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  3. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  4. 佳子さま 「結婚は当人の気持ち重要。姉の希望かなう形に」 宮内記者会の質問回答全文
  5. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです