メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベネズエラ

反ヘイト新法 反対派封じか

 【サンパウロ山本太一】南米ベネズエラの制憲議会は8日、新聞やテレビ、ソーシャルメディアを通じ、ヘイトクライム(憎悪犯罪)をあおった人を最長20年、服役させる法律を承認した。地元メディアが報じた。独裁色を強めるマドゥロ大統領が、反対派封じ込めのため新法を利用する可能性がある。

 新法は官報で公表されると同時に施行され…

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文390文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 静岡・沼津 「深海プリン」インスタ映えで話題
  5. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです