メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

輝き探す闇

2017世界子ども救援キャンペーン~東南アジアの零細金採掘(その2止) 危険の隣、夢見つめ

真っ暗なトンネルの中で岩を掘るシェルドン・ダオ・アイさん=フィリピン・ベンゲット州イトゴンで

僕が家族を楽に

 トンネルの壁はしっとりとぬれ、ひんやりした空気が辺りを包む。フィリピン・ベンゲット州イトゴンの金鉱山。闇の中、額に付けたライトを頼りに、シェルドン・ダオ・アイさん(17)が金属の棒とハンマーで、金鉱石が混じった壁の岩を打ち砕く。「カン、カン、カン」。乾いた音が闇に響いた。

 6月から、生まれ故郷のカリンガ州を離れ、住み込みで働き始めた。「地元は働き口がなかったから」。軍の非正規兵の父と、コメ農家の母は小さな木造住宅で暮らし、カボチャやほうれん草を食べて糊口(ここう)をしのぐ。「家族を楽にしたい」。資金をためて軍の試験を受け、そこで働くのが目標だ。

 山小屋の竹製のベッドで疲れを取り、午前8時から正午まで、金鉱石を採りトロッコなどで外へ運ぶ作業を続…

この記事は有料記事です。

残り863文字(全文1196文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  2. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  3. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  4. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  5. アメフット 日大学長が緊急会見 一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]