メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベネズエラ

最長20年服役 ヘイトクライムの法律

制憲議会が承認

 【サンパウロ山本太一】南米ベネズエラの制憲議会は8日、新聞やテレビ、ソーシャルメディアを通じ、ヘイトクライム(憎悪犯罪)をあおった人を最長20年、服役させる法律を承認した。地元メディアが報じた。独裁色を強めるマドゥロ大統領が、反対派封じ込めのため新法を利用する可能性がある。

     新法は官報で公表されると同時に施行される。法律では、特定の人種や宗教、政治のグループや個人に関して憎しみや暴力、差別を表現することを禁止する。違反した場合は10~20年、服役する可能性がある。三権を超える権限を持ち、マドゥロ派が占める制憲議会は満場一致で承認した。

     マドゥロ氏は、反政府デモを主導してきた野党連合の指導者について「対立をあおり憎しみを助長している」などと非難してきた。このため、批判勢力に対し新法が乱用される恐れがある。野党連合は10月の知事選をきっかけに亀裂が生じ、分断が進んでいる。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. JR 春日駅ホームで点字誤表示 点字図書館の最寄り駅
    2. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
    3. アップル 「iPhone」 XSと最上位機種Max発売
    4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
    5. ORICON NEWS えなりかずき、北川景子と夫婦役で初共演 結婚式写真は「家宝に」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです