メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドイツ

看護師の男が計106人殺害か

 【ベルリン中西啓介】独北部オルデンブルクの検察と警察当局は9日、看護師として勤務していた病院で6人を殺害したとして無期懲役の判決を受けた男が、計106人の殺害に関与していた疑いがあると発表した。

 独主要メディアによると、男はニールス・ヘーゲル受刑者(40)とみられる。2000~05年、勤務していたオルデンブルクと近郊のデルメンホルストの病院で、集中治療が必要な患者100人に対し、心臓の機能を低下させる薬を投与し、殺害した疑いがある。

 ヘーゲル容疑者は、薬の作用で心機能が低下した患者を蘇生させることで、周囲の注目を集めようとしていたという。だが薬を投与された患者の多くが死亡したという。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  3. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです