メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドイツ

看護師の男が計106人殺害か

 【ベルリン中西啓介】独北部オルデンブルクの検察と警察当局は9日、看護師として勤務していた病院で6人を殺害したとして無期懲役の判決を受けた男が、計106人の殺害に関与していた疑いがあると発表した。

     独主要メディアによると、男はニールス・ヘーゲル受刑者(40)とみられる。2000~05年、勤務していたオルデンブルクと近郊のデルメンホルストの病院で、集中治療が必要な患者100人に対し、心臓の機能を低下させる薬を投与し、殺害した疑いがある。

     ヘーゲル容疑者は、薬の作用で心機能が低下した患者を蘇生させることで、周囲の注目を集めようとしていたという。だが薬を投与された患者の多くが死亡したという。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 五輪フィギュア 羽生「ルッツはしばらくお別れかな」 練習後の一問一答
    2. 探偵物語 テレビドラマとして34年ぶりに映像化 斎藤工、二階堂ふみが主演
    3. 強制不妊手術 大分は101人確認 全国で4番目に多く
    4. ウィキ 「エンゲル係数」ページ凍結で編集不能 その訳は
    5. 文化複合施設 秋に着工 駅前最後の大型公共事業 /兵庫

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]