メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドイツ

看護師の男が計106人殺害か

 【ベルリン中西啓介】独北部オルデンブルクの検察と警察当局は9日、看護師として勤務していた病院で6人を殺害したとして無期懲役の判決を受けた男が、計106人の殺害に関与していた疑いがあると発表した。

 独主要メディアによると、男はニールス・ヘーゲル受刑者(40)とみられる。2000~05年、勤務していたオルデンブルクと近郊のデルメンホルストの病院で、集中治療が必要な患者100人に対し、心臓の機能を低下させる薬を投与し、殺害した疑いがある。

 ヘーゲル容疑者は、薬の作用で心機能が低下した患者を蘇生させることで、周囲の注目を集めようとしていたという。だが薬を投与された患者の多くが死亡したという。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 厚労省 飛び降りなど…インフルエンザの異常行動に注意 
  2. 森友 「破棄した」答弁の佐川長官 国税内部も批判
  3. 日本酒 全国の酒、楽しもう 横浜駅西口に2店舗オープン /神奈川
  4. 森友 籠池氏、勾留4カ月 保育園などの対応できず焦りも
  5. 駅伝 九州実業団大会23日号砲 20チームが競う

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]