メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドキュメント

東京ごみストーリー/7 異変を察知、命助けたい

杉並清掃事務所に感謝の手紙が届いた。疲れも吹き飛ぶ瞬間だ=長谷川直亮撮影

 <document>

 「近所のおばあちゃんちの電気がついたままで、宅配弁当も新聞もたまっている。何かあったのかもしれない」

 そんな電話が東京都杉並区の高齢者福祉部門にかかってきたのは2010年4月のことだった。杉並清掃事務所の江川雅志所長は当時、この部門に異動したばかり。電話を受け、介護支援専門員のケアマネジャーらと現地に急行した。

 呼び鈴を押しても応答がない。警察官立ち会いのもとで鍵を壊し、室内に入ると、浴室のそばで倒れている女…

この記事は有料記事です。

残り863文字(全文1081文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
  2. 西日本豪雨 誘導警官2人犠牲に 遺族「誇りに思う」
  3. 西日本豪雨 「見捨てたりしない」命救う無名のボート
  4. 社説 カジノ法案が成立へ 賭博に頼る発想の貧しさ
  5. 東京五輪 「期間中に夏休み」政府、首都圏企業に要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]