メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

揚水発電って何? 余った電力で水引き上げ 必要な時放水する「蓄電池」=回答・須田桃子

揚水発電の仕組み

 なるほドリ 太陽光(たいようこう)や風力(ふうりょく)など再生可能(さいせいかのう)エネルギーの利用で揚水発電所(ようすいはつでんしょ)が役立っているって聞いたよ。そもそも揚水発電って何?

 記者 揚水発電所の上と下には、それぞれ大きな池が造られていて、水をためられるようになっています。上の池から下の池に水を落とし、発電機につないだ水車を回して発電します。発電方法は水力発電と同じですが、違うのは、同じ水車を余った電力を使って逆回転させ、下から上の池へ水を引き上げられることなんです。

 Q なるほど。引き上げた水を、必要な時にまた落として発電するんだね。

この記事は有料記事です。

残り592文字(全文870文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 体罰 教諭2人懲戒処分 炎天下ランニングで生徒一時重体
  2. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定
  3. トランプ米大統領 モンテネグロ守れば「第三次大戦」 NATO集団防衛義務、疑問視
  4. サタデープラス ブームは日本だけ? 「ノストラダムスの大予言」で人生が狂った男
  5. カジノ法 成立 通常国会が事実上閉会

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]