メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/101 第3章 35=高村薫 多田和博・挿画監修

 夜勤明けの私服で多磨駅のホームに出た小野の眼(め)の前を、あの雑誌モデルっぽい外大生が通りすぎる。今日は似たような風情の女友だちが一緒で、笑い声交じりの乾いた話し声が、どこかの風鈴のように軽く鳴り響くのを耳に留めながら、小野はふと<あの二人はこうではなかった-->と思う。上田朱美と栂野(とがの)真弓がどんな感じの友だちだったかと聴かれても、自分にはよく分からないが、少なくともこういう感じではなかった、と。

 もっとも、<こういう感じ>はそれ以上の言葉にならず、先日刑事たちにあらためて二人について尋ねられた…

この記事は有料記事です。

残り680文字(全文935文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. レゴランド 隣接の商業施設苦戦 開業1年余で12店撤退
  4. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  5. 第100回全国高校野球 南北埼玉大会 埼玉栄敗れる 浦学、花咲徳栄など8強 /埼玉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]