メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気鋭に迫る

現実と物語、交わる風景 美術家・佐々木愛(41)

 美術家、佐々木愛さんは風景を紡ぐ。ある時は色彩豊かな木々を大胆な筆致でキャンバスに描き、ある時は三角や丸を連ねた網目状の白い森を砂糖細工の技法で壁面に織り上げる。デフォルメされた風景は夢と現実をさまようような知覚体験をもたらし、見るほどに不思議だ。「心に残った風景を最初に見た印象のまま描きたい。目の前の世界と記憶の中の世界が交わる場所を作品にできれば」と語る。

 この作家にとって「場所」は重要な意味を持つ。これまで青森や韓国、オーストラリアなど各地で滞在制作し…

この記事は有料記事です。

残り819文字(全文1051文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大塚家具、埼玉と千葉の2店舗 19年1月14日に閉鎖へ
  2. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  3. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  4. 辺野古埋め立て停止 ホワイトハウスへの嘆願署名10万超す
  5. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです