メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

創作の原点

作家・伊集院静さん 日本人の軸見つめて

=東京都千代田区で、丸山博撮影

 サントリーの創業者、鳥井信治郎を描いた伊集院静さん(67)の小説『琥珀(こはく)の夢』上・下巻(集英社)が刊行された。伊集院さんが初めて経済人を主人公に、その情熱、信条を通して「日本人とは何か」に迫っている。信治郎の生きる姿には、作家自身もまた逆照射されてくる。

 原稿が上がるのが夜中の2時を過ぎることがある。腹が減っている。東京の定宿付近で開いているのはまずいすし屋だけ。カウンターの隅に座り、ふと思う。「なんで俺は、こんなところで1人でまずいすしをつまんでいるんだろう。いや、どうしてこういう人生になってしまったんだろう」

 師と仰ぐ色川武大さんとギャンブルざんまいの日々を送っていた頃、同じような姿を見たことがある。「私に…

この記事は有料記事です。

残り1370文字(全文1684文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 是枝裕和監督、樹木希林さんの思い出ある映画祭で涙のスピーチ
  2. 支局長からの手紙 お世話になりました /愛媛
  3. 花嫁行列 思うのはあなた一人 愛知・半田
  4. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  5. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです