メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

創作の原点

作家・伊集院静さん 日本人の軸見つめて

=東京都千代田区で、丸山博撮影

 サントリーの創業者、鳥井信治郎を描いた伊集院静さん(67)の小説『琥珀(こはく)の夢』上・下巻(集英社)が刊行された。伊集院さんが初めて経済人を主人公に、その情熱、信条を通して「日本人とは何か」に迫っている。信治郎の生きる姿には、作家自身もまた逆照射されてくる。

 原稿が上がるのが夜中の2時を過ぎることがある。腹が減っている。東京の定宿付近で開いているのはまずいすし屋だけ。カウンターの隅に座り、ふと思う。「なんで俺は、こんなところで1人でまずいすしをつまんでいるんだろう。いや、どうしてこういう人生になってしまったんだろう」

 師と仰ぐ色川武大さんとギャンブルざんまいの日々を送っていた頃、同じような姿を見たことがある。「私に…

この記事は有料記事です。

残り1370文字(全文1684文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2 予定通りリュウグウ到着へ 軌道制御に成功
  2. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
  3. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  4. 小林麻央さん 麻耶“お願い”、海老蔵と交際などの「報道出ないよう見守って」 偲ぶ会でスピーチ(スポニチ)
  5. LCC 「成田-東南アジア」開設続々 「中長距離」競争激化へ 日航や全日空巻き込み /千葉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]