メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

工芸の地平から

進化する日本のガラス=外舘和子

 様々(さまざま)な工芸素材の内でもガラスの領域はやや特別である。日本においては弥生時代に始まるものの、中世は「空白の時代」とも言われ、陶芸や漆芸など日本の他の工芸に比べるとガラスの展開は、ゆっくりとしたスピードであった。個人で自分の溶融炉を持ち制作する、いわゆるスタジオグラスの作家の登場も日本では1960年代末以降のことである。

 ところがガラス工芸が今、新時代を迎えている。まず、環境においては2015年に富山市ガラス美術館が開…

この記事は有料記事です。

残り964文字(全文1180文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金曜ロードSHOW! 「ファインディング・ドリー」地上波初放送 ニモと暮らすドリーの冒険ファンタジー
  2. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  3. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まで、 あと2勝
  4. 消費者庁 ユーチューブでの「もうけ指南」ご用心 事業者公表
  5. EU 対米報復関税発動 総額3600億円規模

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]