メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

輝き探す闇

2017世界子ども救援キャンペーン~東南アジアの零細金採掘 光は、いつ差す 家族支える 学校は、やめた

深さ11.5メートルの穴の中での金鉱石の採掘を終え、はしごをつたって穴から出るボン・エムさん=カンボジア・バタンバン州プノンプロックで、川平愛撮影

 暗闇の中を、額にライトを付けた少年がはしごをつたい登る。作業着は泥だらけだ。タイ国境沿いのカンボジア・バタンバン州プノンプロック。零細小規模金採掘(ASGM)の現場で、ボン・エムさん(15)は山の斜面に掘られた深さ11・5メートルの穴に潜り、金鉱石を採る作業を続ける。

 「両親が土地を借りてコメを作っていたんだけど、洪水で収穫できなくて借金が残ったんだ」。東に約300キロ離れたコンポントム州の実家を離れ、兄のボン・アエムさん(17)と、借金返済のため昨年から住み込みで働く。学校はやめた。

 兄弟は午前5時に起き、朝食後に穴へ潜る。電動ドリルで金鉱石を砕き、袋に入れて地上へ引き上げる作業。…

この記事は有料記事です。

残り753文字(全文1049文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あしなが育英会 奨学金利用の母子家庭 6割が就労不安定
  2. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  3. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行
  4. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  5. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです