メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英EU離脱交渉

手切れ清算金で溝埋まらず 第6回会合

 【ブリュッセル八田浩輔】英国の欧州連合(EU)離脱を巡る交渉の第6回会合が10日、ブリュッセルで2日間の日程を終えた。EUが英国に支払いを求める手切れの清算金を巡る見解の相違は埋まらず、EUのバルニエ首席交渉官は、年内に貿易協議入りを決断するには、英国が今後2週間以内に明確な方針を示す必要があると迫った。

     バルニエ氏は記者会見で「12月に十分な進展につなげられるかどうかは決定的に重要だ」と強調。EUは12月半ばの首脳会議で自由貿易と激変緩和を目的とした移行期間の協議に入るかどうか政治判断する方針だ。バルニエ氏は、この機会を逃すと来年2~3月以降に決定を持ち越すという姿勢を明確にし、これ以上の遅延を避けたい英国に圧力を強めた。

     一方、バルニエ氏は英国に滞在するEU加盟国出身者らの権利保障で一定の成果があったと報告。また双方は加盟国アイルランドと英国の間で生じる国境問題についても厳しい管理を回避する意向で一致している。ただEU側は英領北アイルランドをEU単一市場と関税同盟に残す必要性を検討するのに対し、英国のデービスEU離脱担当相は同日の記者会見でその可能性を完全否定するなど具体的な方法論に溝がある。

     英政府は10日、EUから離脱する日時を2019年3月29日のグリニッジ標準時午後11時(日本時間30日午前8時)と確定し、議会で審議中の関連法案に明記する方針を示した。EUの基本条約は正式な離脱通告から2年以内に加盟国の権利を失うと定めており、英国は今年3月29日にEUに離脱を通知した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. フィギュア 羽生結弦が全日本選手権を欠場 連盟が発表
    2. 九頭竜湖事件 44歳被告に無期懲役判決 名古屋地裁
    3. 九頭竜湖事件 被告に2審も無期判決 女性殺害、傷害致死
    4. 本社来訪 臨時編集長くまモン シャンシャンの写真選ぶ
    5. フィギュアスケート 羽生「腱と骨にも炎症」コメント追加

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]