メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 住宅ローンを組む際、セットで加入する団体信用生命保険(団信(だんしん))が多様化している。基本とする死亡・高度障害だけでなく、病気による就業不能など保障対象が広がっている。新規ローンや借り換えを検討する場合、ポイントのひとつとして注目できる。

 ●競争激化し差別化

 団信は、住宅ローンを借りている人が返済途中で亡くなったり、生活に重大な支障をきたす高度障害になったりした場合、保険会社が保険金を支払い、ローン残高がゼロになるのが基本的な仕組みだ。民間金融機関から住宅ローンを借りる場合は原則として団信への加入が条件となる。

 かつては死亡・高度障害のみが保障対象だったが、団信を主力とするカーディフ生命が2001年、がんと診…

この記事は有料記事です。

残り1798文字(全文2109文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. レゴランド 隣接の商業施設苦戦 開業1年余で12店撤退
  4. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  5. 第100回全国高校野球 南北埼玉大会 埼玉栄敗れる 浦学、花咲徳栄など8強 /埼玉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]