メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どう変わる医療と介護

2018年度 同時報酬改定 来年度義務化、自治体に温度差 認知症、初期支援が急務 専門医の確保難航

宇治市の認知症初期集中支援チームの会議。患者本人や家族を招いて行う時もある

 介護保険では要介護認定を受けた人への介護サービスだけでなく、住み慣れた地域で暮らし続けられるよう適切なサービスにつなげるための支援事業も行われている。2025年に約700万人と推計される認知症への対応は大きな課題で、特に初期の対応が重要とされる。認知症初期集中支援事業は、来年度から全自治体での実施が義務づけられているが、取り組みには温度差がある。【堀井恵里子】

 京都府宇治市の府立洛南病院の一室で10月上旬、市の認知症初期集中支援チームの会議が開かれていた。6…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 窃盗容疑でカーチェイスの男逮捕 愛知県警
  2. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  3. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  4. 0歳男児衰弱死で28歳母親逮捕 「ミルク買う金なくお湯」 双子の弟は一命取り留め
  5. 質問なるほドリ 「カサンドラ症候群」って? 意図伝わらぬ障害の相手に苦悩 心身に不調=回答・野村房代

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです